軽箱Freeker

軽箱をカスタム・改造・改良して長~く付合うためのログ

考察。ヘッドライト編

f:id:ichihiro51:20181002151638j:plain

 

いまどきの軽自動車は、サイドミラーにウインカーは付いているし、

ヘッドライトも、最初からプロジェクターだったり、HIDだったり、

LEDだったり、ヘッドライト周りがいかリングの様に白く光ったり、

ウインカーだって流れているのを最近よく目にするようになりましたね~。

我家の軽箱君の純正ヘッドライトはハロゲン球だし、リフレクターでは無く

ヘッドライトのレンズ自体にカットがしてある古くさくて暗いライトだし・・・

 

それでも青白い光にあこがれてH.I.D.を2006年当時に搭載していました。

純正フォグもH.I.D.にして4灯青白い光で走行していましたが、

光軸をちゃんと調整しているのに、ロービームで走行していても、

対向車がまぶしいのでしょうね~、

矢の様なパッシングを、時々浴びせられていました。

 

その当時はそんなにH.I.D.に交換している車もあまりいませんでしたからね~

でも対向車のパッシングの原因は、ヘッドライトではなかったのですね~

軽箱君のフォグランプに問題がありました。

軽箱君のフォグランプは構造上厚みがとても薄くて、

電球自体が縦に立って付いていて

純正だとあまり明るくないハロゲン球でしたので眩しくはないのですが、

キセノン球にすると取付け形状上、光源がもろに見えてしまうのですね~。

普通はシェードで覆って光源を隠してリフレクターに反射させて照らしますが、

軽箱君純正フォグは、そんな対策はしておらず、

レンズカットで拡散するだけなので

キセノン球の光がもろ視界に入ってくる訳ですね。

そりゃ眩しいですわな~パッシングもしたくなりますよね。

そのことに気づいた時から、フォグ点灯はしなくなりましたよ。


その頃ぐらいにヘッドライトをカスタムする車を雑誌等で見かけるようになり、

BMWのようにイカリングを点灯させている車を目にするようになって、

イカリングつ・け・た・い~と思いまして、色々と考察したわけですが、

どうせならこの際、『プロジェクター仕様』にしてしまおう

というお題があちらこちらからもちあがってきました。

 

当時のプロジェクター移植ではやっていた

日産フーガのプロジェクターを、移植しようかなと考えて、

プロジェクターの寸法を色々嗅ぎまわって手に入れました。

プロジェクター本体の全長が160mmもあります。

軽箱君のヘッドライトの奥行きがレンズから140mmしかありません (ToT)

プロジェクターを、レンズにぴったり付ける事も出来ないので、

20mmの差だけではなく、もう15mm程プラスして考えないといけません。

35mmになると、根性でどうこうできる寸法ではないですよね~。

フーガのプロジェクター移植は、残念ですが諦めるしかありませんよね。


その時色々な情報をネットでリサーチしていたら、軽箱君のヘッドライトを

リフレクター仕様にしている方を数名発見!レンズ自体のカットを削って

平坦にして磨いて透明に戻してレンズをクリアにする方法や、

ホンダの軽ザッツのヘッドライトを分解してリフレクターを流用する方法を

見つけてしまいました。

 

プロジェクター移植+イカリングは遠のきましたが、

とりあえず、リフレクター仕様で我慢我慢ということで、

某オクにて軽箱君の純正ヘッドライトを購入し、作業着手と相成りました。

 

ヒートガンで熱風を吹きつけ、ヘッドライトを殻割りして、

分解したレンズの内側の凸をペーパーの#80で削り落としていきました。

気を使ってなるべく平坦に削りましたが、

「ほんとに~???」と聞かれると、「う、う、うん。」

と、目を合わせずに下を向いてしか、返事はできませんが、

自己満指数は85%です(^^;


凸部を削り落としたレンズを見ると、傷だらけで真っ白け、透かしてみても

なにも見えません。明るい暗いが判るのみのレベルです。

これ本当にまた透明クリアになるのぉ~?と凄く疑心暗鬼になったのを

よく覚えています。

#80から#120・#240・#400・#600と

研いでいくペーパーを荒い奴から順に、細かい奴に変えて

仕事を終えて帰宅したら、毎日毎日レンズを磨いていました。

#800ぐらいから水研ぎをしていきました。#1200あたりから

結構クリアになってきました。#3000ぐらいで水研ぎを完了し、

次にコンパウンドで磨いていきました。

荒から始めて中目、細目、極細、鏡面としていくとあら不思議・・・

曇りが消え透明がもどり、クリア~な視界になっていきます。

空き時間で10日ほど磨いたでしょうか、1個完成です。

が・・・もう1個あるんですよね~。

 

車を弄っていていつも思うのが、車の部品は左右対象に

2箇所取付けられている場合が非常に多くて

片方を弄ったらもう片方もやらなくては、バランスとれないんですよね。

同じ事をやっていくので延長線上だと考えればよいのでしょうが、

また最初からもう1回と考えると、テンション下がりますよね。

でもやらないと完成しませんから、実行に移しますけど・・・

なんてことを、いつも思いながらも、

完成させようと、せっせとやっています。

 

先に揚げたホンダ・ザッツのヘッドライトを解体し、

リフレクターのみ流用しますので殻割は行いません。

グラインダーで、要らない所は思い切って、“ぼりぼり”カットします。

軽箱君純正のヘッドライトインナーパネルに合うように、

ザッツのリフレクターを、インナーパネルに合わせて削って形成して

インナーパネルの上に被せて取付けたら、ハウジング側は完成です。

 

毎日毎日磨き上げてクリアになったレンズとハウジングを、

合わせてヒートがんで熱風をあてて、レンズをハウジングの溝に

押し込んで熱が冷めたら、完成ですよ。

 

光軸は純正同様、調整可能なので某ディーラーにて調整して頂きました。

レンズカットが無い分リフレクター仕様の方が明るく夜道を照らしてくれます。

HIDの光がクリアになったような気がします。

 

f:id:ichihiro51:20181002153209j:plain

 

外観上も古さが滲み出ているレンズカットの純正ヘッドよりも

リフレクター仕様のヘッドライトの方が引き締まって見えませんか?

少しだけ新しげな年式の軽箱になったような気がしますが、

@ichihiroの気のせいでしょうか?

 

この時点でイカリングは、取付けを延期しましたが、

このリフレクター仕様も、結構気に入って乗っていましたよ。

プロジェクター移植+イカリング導入への野望は

公言しながら、胸の奥に隠し持ってはいましたけど・・・

 

取付けたいと思ったが、自分の愛車の車種の製品設定が無い!

しかたないな~と、諦める前にこう思ってはいかがでしょうか?

『 設定無いなら、自分で創りゃ~いいじゃん!』

@ichihiroは、ず~っとこう思って創作してきました。

もの創りの楽しさを伝えていきたい・・・

そう思って、ブログを始めました。

@ichihiroのブログをみて、一人でも多くの方が

『創作するのって楽しい~』と思ってくれると

いいな~と思いながら記事を書いています。

これからもよろしくお願いいたします。

 

 

何か少しは参考になったでしょうか?

質問等があれば、コメントしていただければお答えできる範囲で、

お返事いたしますので、遠慮なさらずにお気軽にどうぞ~ (^  ^) /

 

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村